不整脈

不整脈

不整脈は夏こそ注意して!不整脈になった原因は脱水だったかもしれない

投稿日:2017年7月30日 更新日:

心臓のバックンバックンが治まらず、病院で検査を受けることになったのですが、どうも脱水から不整脈を引き起こしてしまったようです。昔から、時々脈が変になることはあったのですが、こんなに長い時間続くことは初めてでした。およそ2日半か3日ぐらい不整脈が続いて、自然に治ったのですが本当に気持ちの悪いものでした。きついし食欲もないし夏バテかなぁと思っていたのですが、横になっても心臓だけが変で寝るのも落ち着かない感じでした。

今週のことです。7/24(月)にホットヨガへ行きました。何も問題ありませんでした。翌日7/25(火)に、日中 暑かったのですが、スーパーへ買い物へ出かけました。帰宅後、なんかだるくて、大好きなアイスクリームも美味しくないのです。心臓が妙に早く脈打つ感じです。すぐに治るだろうと思っていたのですが、その翌日7/25(水)も心臓のドックン、ドックンは治まりませんでした。ちょっと心配になり、かかりつけの病院へ予約を取りました。

クリニックでは、先生が手首の脈ですぐに変だということで、心電図をとりました。すると、脈に異常があるということで紹介状をもらって循環器科を訪れることになりました。

心電図や心臓のエコー検査など

循環器科で紹介状を渡して、すぐに精密検査となりました。

心電図

クリニックで心電図をとったばかりだったのですが、同じように心電図をとりました。看護婦さんが、「これくらいの不整脈なら、まったく感じない人もいるんだけどねぇ。ちょっと敏感なのかなぁ。」と。そう言われても「そうなんですかぁ。」という感じです。

両足の血管の詰まりを診るABI検査も行いました。それから、心臓のエコー、首の血管のエコー、レントゲン検査、血液検査も行いました。

もろもろの検査の後、先生に呼ばれて診察室へ入ると、画像を見ながら詳しく話をしてくれました。優しい感じの女医さんです。不整脈が出ているということ、でも心臓には問題ないし、血管にも問題はないようだとのことでした。正しいリズムの間に間隔の短いリズムの時があって、それが頻繁に出ているとのことでした。

モニタで自分の心臓が動いてる状態を初めて目にしました。一日に10万回も収縮して拍動しているのだそうです。心臓が動いてる画像を見ると、なんかちょっと感動してしまいました。血管についてもサンプル模型を実際に触らせてもらったのですが、血管が硬いというのはこういうことかと納得です。

「最近、大きな事件やストレスになるようなこと、すごく疲れるようなことはなかったですか?」と問われたのですが、あまり思い当たることはありません。ストレスがないと言えばウソになりますが、会社へ行ってた時のようなストレスはありませんからねぇ。

女医さんの診察

心臓も血管も問題なしということで安心はしたのですが、この不整脈はどうなるんだ?この気持ち悪いドックン、ドックンから解放されたいのに。

先生に問うと、自然に治ってしまうこともあるとのこと。ただ、詳細に診るには24時間心電図をとったほうが良いとのこと。その結果でお薬を処方するかどうか判断しましょうとのことでした。

24時間ホルター心電図

ホルター心電図なんて、初めてです。胸の周りに4か所だったと思うのですが、ベタベタと肌に直接 装置を取り付けられました。

ホルター心電図

ベルトなんてしてなかったので、男性ならベルトに取り付ける装置も胸に直接貼られました。行動記録も付けるように言われました。そんなに詳しく書く必要なないとのことでした。結局、私が書いたのは、就寝時間、起床時間、食事の時間だけです。一日のうちに、特にひどくドキドキしたり、吐き気などがしたらメモするようになっていました。

この装置を取り付けたまま24時間過ごすわけです。24時間経ったら、自分で取り外して良いとのことです。

会計で支払った金額は13,000円ぐらいです。お財布に入っていたから良かったのですが、ビックリです。やはり24時間心電図は費用がかかりますね。

ホルター心電図の結果

27日(木)朝、起きたらドックンドックンしない。治ってる?そんな感じがしていたのですが、結果を聞くために病院へ行きました。(外したホルター心電図の装置は前日の夕方に病院のポストへ入れておきました。そうすると、診察が早いとのことだったので。)

ホルター心電図を取り付けてる間は、やはり不快です。装置を外したら、テープの痕が真っ赤ですしね。

病院へ着くと、すぐに診察室へ呼ばれました。
血液検査の結果では、たんぱく質が少し足りないということと、カルシウムも少し不足しているので乳製品などを意識して摂取するようにしてくださいと言われました。

血圧脈波検査解析結果も受け取りました。「推定血管年齢」は「実年齢相応」との結果でした。

血管年齢

そして、心電図の結果ですが、夜中2時頃から落ち着いているとのこと。そう、治ったのです。

先生の話では、夏こそ不整脈が起きる人が多いとのことです。脱水でも起きるとのお話でした。いくら水分をとっていても、出す方が多ければ、やはり脱水になりますからね、と。

身体から水分が抜けるということで思い返すと、24日(月)の夜からお腹の調子が悪くなって、25日(火)は下痢が続いていました。そして、ラシックス(利尿剤 0.25錠)という浮腫み防止のお薬も毎日飲んでいます。そして、そして、もう一つ気になることが...

「あの~、ホットヨガへ通っているのですが。」と話すと、先生は即「以前もホットヨガで不整脈を起こした人がいたのよ。個人的にはホットヨガはお勧めしません。」と。なんとなく私もホットヨガが身体に負担をかけているのではないかなぁという思いがあったのです。やっちゃダメと言われたわけではないのですが、楽しんでいただけにちょっとショックです。でも、今回のような不整脈はもう経験したくありませんし、少し立ち止まって身体のことや今後のことを考えてみようと思います。

不整脈が治まると食欲も出てきました。あんなにきつかったのに。身体の機能が正常になったんだなぁと、つくづく感じます。一安心です。

装置を外した痕が赤くなっていたので、塗り薬を処方していただきました。

おそらく今回の不整脈は、脱水が原因だったのではないかと思います。十分に気を付けていたつもりだったので、なおさらショックです。水分の摂り方にも問題があったのかもしれませんし、冷たい飲み物が多くて内臓を冷やしてしまったのかもしれません。内臓が冷えると、血流も悪くなり身体に負荷をかけてしまいます。夏場は暑くても、意識して温かい飲み物や食べ物などをとるようにして、お腹を冷やさない工夫も必要だなと改めて考えさせられました。

熱中症防止のために水分補給を!と叫ばれていますが、安易に水分を取ればいいというわけでもなく難しいなと感じています。体調管理にはもっと細心の注意が必要なようです。

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

-不整脈

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.