リカちゃんママ ほぐしヨガ

常温ヨガレッスン ほぐしヨガ

これなら体が硬くても安心!補助器具を使って楽々ポーズ

投稿日:2017年8月14日 更新日:

ヨガの補助器具をたくさん取り入れてポーズする、ほぐしヨガに参加してきました。これまで、カルド(CALDO)中洲のホットヨガでは、器具を使うことはなかったので新鮮でした。

クラス内容

・運動量低めのリラックス系のクラス
・ボール等でのマッサージと座位または仰向けのポーズを実施
・血行促進効果、リラックス効果など充実して過ごしたい方に

参加したのは、ヨガスタジオハートワンのほぐしヨガ、75分のクラスです。

今日のレッスンで使った補助器具は、ボルスター、テニスボールブロックベルトです。ボルスターというのは、大きな枕のようなものです。

ヨガ ボルスター (ウォルナッツブラウン)

今日は、このボルスターに仰向けになって胸を開くストレッチを行いました。

仰向けの合蹠(がっせき)のポーズ

仰向けの合蹠のポーズ

出典:Yoga Share

スポンサーリンク

仰向けの合蹠(がっせき)のポーズのやり方

  1. ボルスターの前(ボルスターに乗るのではなく)の床にお尻をつけます。
  2. ボルスターにゆっくり体を乗せていきます。
  3. 両手を横に広げます。
  4. 両足の足裏を合わせて合蹠(がっせき)のポーズをします。痛くなければ、気持ちいいと感じるならば合蹠(がっせき)のポーズをとります。
  5. 深い呼吸を続けます。

上の画像を見ると、ボルスターの大きさがどのくらいのものか想像できるかと思います。簡単なポーズですが、胸を開くストレッチになるんですね。ボルスターは、軟か過ぎず、硬すぎず、気持ちよく体を預けることができます。床で両手を広げるより、高さがあるので十分広げることが出来ます。

これって、自宅でも沈み込むほどの柔らかい枕でなく、適度な硬さがあればボルスターの代わりとして使うことが出来ます。枕を縦にして、その上に体を乗せ、両手を広げます。また、無理でなければ、足裏もくっつけてみてください。5回ほど深い呼吸を続けたら、枕を外して床に仰向けになると、違いを感じることができると思います。幾分か背中が床に沈み込むような感じを得ることができると思います。

レッスン終わりのシャバアーサナ(寝るだけのポーズ)の時に、よくインストラクターの先生が、一人ずつ両肩を床に押し付けるようにしてくださるのですが、これは胸を開くサポートなんですね。胸を開くことによって、深い呼吸が出来るようになるのだそうです。

テニスボールを使って

また、レッスンのはじめには、テニスボールでお尻から肩甲骨まで解していきました。床に仰向けになって、テニスボール2個をお尻の両端に置いて、お尻を左右に振ったり、上下に動かしたりしてほぐしていきます。2個のテニスボールを少しずつ上へ移動させて、背中全体をゆっくりほぐしていきます。

足は、両ひざを立ててもいいし、足裏を合わせて合蹠(がっせき)のポーズにしてもいいし、真っすぐ伸ばしていてもいいそうです。とにかく、自分が一番気持ちよく、リラックスできるスタイルでいいとのことです。
実に気持ちいいです。背中をコロコロしていると、胃に痛みを感じるところもありました。違和感を感じるところは、特にゆっくり丁寧に解すと良いそうです。

補助器具を使うと、体が硬い人でも楽にポーズをとることができます。ブロックで高さをつけることで、前屈や後屈も楽にポーズすることができます。無理なく楽しくレッスンできることが、継続できるコツですね。

おすすめ記事

ヨガについて 1

久しぶりにテレビをつけると、爽健美茶のCMでヨガポーズが披露されてるじゃないですか?中央の女の子は誰だろうと分からなかったのですが、検索すると「土屋太鳳」ちゃんだということが判明。ヨガポーズ、上手です ...

リカちゃん 便利アプリ 2

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に聞いた名前はすぐ忘れてしまいますし、聞き取れなかった名前もあります。帰宅してから、ポーズの名前を調べようとして、ネットで探しても ...

-常温ヨガレッスン ほぐしヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.