リカちゃんママ 体質改善デトックスヨガ

常温ヨガレッスン 体質改善デトックス

バランスのポーズは集中力アップに効果的だけど、左右の違いにびっくり!

投稿日:2017年9月12日 更新日:

ヨガをやっていると、身体の左右の違いを否応でも感じてしまいます。右は出来ても、左は出来ないなど自分でも驚くことがあります。あれ?なんで?同じようにやってるのに、体が言うことがきかない。今日もそんなレッスンでした。

クラス内容
・適度に全身を動かすクラス
・デトックス効果の高いポーズを中心に実施
・冷え・むくみの解消、デトックス効果、リラックス、自律神経を整える効果など

難易度の低いクラスがいいなぁと思いながら、時間が合うクラスがなくて、今日も初めてのクラスに参加してきました。参加者も少なくて、腹筋を鍛えるポーズも多くて私にとっては少しハードなレッスンでした。

参加者が少ないと、インストラクターの先生から、ポーズを矯正される機会が増えます。本当は喜ばしいことです。ですが、先生からちょっと向きを変えられるだけで、めっちゃ「きっくぅ~~~」となるんですね。「自分でやれる範囲でいいですから」と言われるので、その言葉通り「やれる範囲で」でポージングしてるんだから、いいじゃんと思っちゃうんですね。自分では、出来てると思ってるので、ショックもあります。

ですが、自己流の間違ったポーズをしていると、本来の効果を期待できないばかりか、筋肉を傷めてしまうこともあるそうです。それだと、ヨガの意味がないばかりか本末転倒ですね。

腹筋のなさは、本当に自覚してます。一番、引き締めたい箇所です。だから、腹筋を鍛えるポーズはこなさなくてはいけないのですが、辛い。「先生、まぁだぁ~」と言いたくなってしまいますから。本当にひ弱な生徒です。(^^ゞ

それでも辞めたいとは思いません。肩凝りや首凝りがなくなったこと、レッスン後のスッキリ感が好きなんですね。

さて、今日、出来なかったバランスのポーズは、これです。

テーブルのバランスのポーズ

テーブルのバランスのポーズ

出典:Yoga Share

スポンサーリンク

通常のテーブルのバランスのポーズは、右手と左足を床から離してバランスをとるのですが、今日のテーブルのポーズは、右手と右足、左手と左足だったのです。

テーブルのポーズのやり方です。

  1. 四つん這いになります。肩の下に手首、腰の下に膝(ひざ)を置きます。
    肘の裏が正面を向かないように、少し内側に向けるようにします。四つん這いの姿勢で手首を痛めないようにするためです。肘はピンと伸ばさずに、少し曲げて余裕を持たせるようにしたほうがいいらしいです。
    そして、下腹部を引き締めて、平らなテーブルをイメージします。
  2. まず、左足を後ろへ伸ばします。そして、ゆっくり持ち上げて腰と同じ高さまであげます。
    テーブルのバランスのポーズの前
  3. それから、左手を前へ伸ばして、床と並行にします。視線は正面です。そして、キープです。
  4. 持ち上げていた手足を元に戻して、四つん這いになり、一度チャイルドポーズでお休みします。
  5. 反対の手と足で行います。

右手と右足を上げた状態を保つのは、すごく難しかったです。すぐに手足を床について、崩れてしまいました。左手、左足を上げた時は、どうにかキープできました。初めて行ったポーズで、まさか、同じ側の手と足を伸ばすなんて!と思ってしまいました。これで、バランスをとれるなんて不思議です。

バランスのポーズは、集中力アップに効果的と言われています。血行も促進して冷え症にも良いそうです。今日は出来なくても、明日はできるかもしれません。バランスのポーズほど、その日の体調に左右されるものはないと思います。めげずに挑戦しようと思います。

おすすめ記事

ヨガについて 1

久しぶりにテレビをつけると、爽健美茶のCMでヨガポーズが披露されてるじゃないですか?中央の女の子は誰だろうと分からなかったのですが、検索すると「土屋太鳳」ちゃんだということが判明。ヨガポーズ、上手です ...

リカちゃん 便利アプリ 2

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に聞いた名前はすぐ忘れてしまいますし、聞き取れなかった名前もあります。帰宅してから、ポーズの名前を調べようとして、ネットで探しても ...

-常温ヨガレッスン 体質改善デトックス

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.