リカちゃん ベーシックヨガ

常温ヨガレッスン ベーシックヨガ

サギのポーズはベルトを使うと無理なく効果的にポーズをキープできる

投稿日:2017年9月27日 更新日:

ヨガでは初心者向けにポーズを無理なく行うための器具がいくつもあります。主な補助器具に、ボルスターブロックベルトなどがありますが、今日はベルトを使ったポーズを行いました。

クラス内容

・ヨガの基本的なアーサナを1つ1つ丁寧に行うクラス。
・深い呼吸とともに、ヨガのポーズを楽しみながら、体のゆがみを整えていきます。
・座位から、後半は少し立位のポーズも入りますが、初めての方でも無理なく動けるクラスです。

久しぶりのまとまった雨で気分も下降気味だったのですが、大好きなインストラクターの先生に会いたくて、今日もレッスンに参加してきました。ヨガスタジオハートワンの姿勢改善ベーシックヨガ、75分のクラスです。

今日はスタジオ前面の鏡のカーテンを開いて、自分の姿勢を確認しながらポーズを行いました。クラスによって、鏡を見たり見なかったりなのですが、やっぱり鏡はあったほうがいいなと思います。自分では、手や足を真っ直ぐにしているつもりでも、鏡を見ると斜めになっていたりして驚くことがあります。自分の感覚って、信用できないなぁと思います。

四つん這いの時も、インストラクターの先生に矯正されたことがあります。「ええ~~~っ!」って感じです。先生が「自分の体がテーブルになったようなイメージで」と言われて、「うん、テーブルになってる」と思っているのに、膝(ひざ)の位置を矯正されました。骨盤の下に膝がなかったということなんです。

毎回、レッスンごとに使用する補助器具は違います。補助器具を全く使わないこともありますし、複数使用することもあります。今日は、ベルトのみを使用しました。
suria(スリア) [ヨガストラップ パープル]

今日のレッスンでは、補助器具を使うポーズは、1つだけ。サギのポーズの時に使用しました。サギのポーズというのは、下のように上げた足の裏を両手で挟んで、足の裏全体を伸ばすポーズです。今日は、このポーズの時にベルトを足裏に引っ掛けて行いました。

サギのポーズ

サギのポーズ

出典:Yoga Share

スポンサーリンク

サギのポーズのやり方です。

  1. 床に座って両足を伸ばし、背筋を伸ばします。これを長座のポーズと呼びます。
  2. 片足の膝を曲げて、足裏にベルトを回して軽く引き寄せます。前に伸ばした足は足裏を前に突き出しておきます。
  3. 背筋は伸ばして、ベルトを掴んだまま曲げたほうの足をゆっくり上げていきます。
  4. 両手に持ったベルトを手前に引き寄せて、腿(もも)の裏、膝裏(ひざうら)、脹脛(ふくらはぎ)の伸びを気持ちよく感じます。深い呼吸を続けます。
  5. 上げた足をゆっくり下ろして、反対の足も同様に行います。

ヨガの完成形のポーズは、柔軟性がなければ難しいものもたくさんありますが、補助器具を使うと年齢や体形、柔軟性も関係なくポーズをとることができます。だから、補助器具を使うと気持ちも楽になります。無理な姿勢をとると、呼吸が止まったりしますし、下手すると筋肉を傷めたりすることもあります。ヨガでは、深い呼吸を続けることで無理な姿勢をとらなくても、効果は十分得ることができるのだそうです。

このサギのポーズは、足の浮腫みをとってくれます。脹脛(ふくらはぎ)は第二の心臓と言われるいるくらいで、脹脛(ふくらはぎ)が硬くなると代謝が落ちるのだそうです。脹脛(ふくらはぎ)を揉むだけけで、血流が良くなるとのこと。サギのポーズは、腿(もも)の裏から足首まで同時に伸ばすことで代謝をアップさせて、浮腫みの解消につながるそうです。

床に足を伸ばして前屈しても脚裏を伸ばすこともできますが、サギのポーズのほうが効果が高いのだそうです。脚裏全体を緊張させること、脚を上げることで循環も良くなるとのことです。自宅では、ベルトの代わりにタオルを使うといいですね。

以下の記事でもサギのポーズについて紹介しています。

リカちゃん ビギナーズヨガ
足の疲れと浮腫みをとって綺麗な足を目指すならサギのポーズがお勧め

最近は、ビギナーズクラスに参加することが多いです。難しいポーズもないので ...

続きを見る

関連コンテンツ

おすすめ記事と広告

おすすめ記事

太陽礼拝 1

ヨガ初心者ですが、太陽礼拝だけはどうしても覚えたくて、太陽礼拝の流れを備 ...

リカちゃん 便利アプリ 2

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に ...

-常温ヨガレッスン ベーシックヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.