リカちゃんママ 骨盤調整ヨガ

常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

お尻上げとお尻歩きで骨盤調整をして下半身ダイエット

投稿日:2017年10月4日 更新日:

骨盤が人間の体にとって重要であることは周知のことですね。骨盤が歪んでいると、全身に悪影響を及ぼし不調の原因となることがあるそうです。腰痛や肩こり、首凝り、頭痛、冷え症など諸々の不快な原因は骨盤の歪みだったということもあるそうです。
インストラクターの先生の話によると、骨盤調整のポーズを続けたことでお尻がひと回り小さくなって、下半身もスッキリしたとのことです。こういう話を聞くと、俄然やる気がでます。

クラス内容

・運動量低め~中程度のクラス
・上半身と下半身をつなぐ重要な関節である骨盤を中心に、全身の調整を行っていきます。
・骨盤まわりの筋肉をしなやかに保ち、骨盤の歪みや開きを矯正し、腰痛や姿勢の改善、疲れやすい体の改善にも効果があります。

ヨガスタジオハートワンで、今月から新しく追加されたクラスです。大好きな先生のクラスですし、わくわくしながら参加してきました。今月は、同じメニューで行っていくので、出来るだけポーズを覚えて自宅でも継続してくださいとのお話でした。

自宅で継続とするというのがなかなか実行できない私はドキっとしてしまいます。やはり、レッスンに参加するだけでなく、毎日継続しないと効果はないのでしょうね。

骨盤が歪んでいるというのは、私の場合、はっきり自覚できます。仰向けに寝て、リラックスした状態で顔を少し持ち上げて、足先を見てみると、右足の方が外側へ開いています。骨盤調整をすると、この左右の違いもなくなるかもと、期待してしまいます。

新しいクラスということもあるのですが、初めてのポーズやストレッチがたくさんありました。

まずは合蹠(がっせき)の状態でのお尻上げです。

合蹠(がっせき)のお尻上げ

合蹠のポーズ

出典:Yoga Share

合蹠(がっせき)のお尻あげのやりかたです。

  1. 仰向けに寝て、両手は手の平を床に向けます。両足の足裏を合わせます。この両足の足裏を合わせることを合蹠(がっせき)と呼ぶそうです。
  2. 息を吐きながら、足裏は合わせたまま、ゆっくりお尻を上げます。
  3. お尻を上げた状態で、ゆっくり息を吸って、吐いて、吸って、吐きながらゆっくりお尻を床へ下ろします。
  4. もう一度行います。

お尻歩き

そして、レッスンの最後のほうでおこなったのが、ヨガマットでのお尻歩きです。

長座の姿勢になり、背筋を伸ばします。今日のレッスンでは、手は腰に置いた状態でおこないました。出来るだけ、上体は動かさずに、お尻でヨガマットの端から端まで歩きます。後ろにも歩きます。ヨガマットで往復2回行いました。

このお尻歩きは体幹強化にもなるそうです。

動画でもよく紹介されていますね。

お尻の骨が痛い場合は、柔らかい絨毯の上で行ったり、または、お尻に座布団を敷いて行ってもいいそうです。

このお尻歩きなら、自宅でも継続できるかもしれません。小さな積み重ねが大事なんですよね。

骨盤の歪みは、日常の姿勢の悪さや運動不足によって起こることが多いらしいです。歪みも、長年の蓄積によっておこるのですから、矯正するのも毎日の積み重ねしかないのでしょうね。

お尻歩きや合蹠(がっせき)のお尻上げのポーズを頑張ってみようと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

-常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved.