リカちゃんママ リラックスヨガ

常温ヨガレッスン リラックスヨガ

花輪のポーズで骨盤底筋を整えて頻尿や尿漏れを予防しよう

投稿日:2017年10月7日 更新日:

加齢とともに身体のあちこちに、不具合がでてきます。できれば、不調になる前に予防しておきたいですね。現在、中高年の4人に1人は尿漏れに悩んでいるそうです。尿漏れになる前に実践しておくといいポーズを紹介します。

クラス内容

・運動量低め、リラクゼーションを促すクラス
・立位少なめのクラス
・一つのポーズを程よく保ち、穏やかで深い呼吸と共に心身を解放します
・心身の疲労回復、浄化、自分へのご褒美に

ヨガスタジオハートワンのリラックスヨガは、初めての参加です。今日のレッスンでは、インストラクターの先生がレッスン開始前に、ひとりひとりに今 不調な箇所を聞いてくれました。嬉しいですね。肩や首の凝り、腰痛を訴える人が多かったです。私なんて「全身悪いです。」なんて言ってしまいましたが(^^ゞ

先生の話によると、ヨガは全力で頑張らずに、50%から60%ぐらいの力で気持ちいいという感じぐらいがいいそうです。その力を抜くというのも、案外 難しいんですね。ついつい頑張ってしまいます。でも、レッスンの途中で先生が「こんなポーズでもいいですよ。自分の体の左右の違いを感じてくださいね。」などと声をかけていただくと、力を抜くことができます。

まず、仰向けに寝て、テニスボール2個を使って、お尻から肩甲骨までごろごろしてほぐしていきました。これって、本当に気持ちいいです。

座位のポーズから、四つん這い、立位のポーズに移っていき、立位のポーズの終わりに花輪のポーズを行いました。この花輪のポーズは、足首や股関節を柔軟にします。そして骨盤底筋(こつばんていきん)を整えることができます。骨盤底筋を整えることで、尿漏れを予防することができるのだそうです。

花輪のポーズ

花輪のポーズ

出典:Yoga Share

スポンサーリンク

花輪のポーズのやりかたです。

  1. ヨガマットの上に立って、両足を腰幅ぐらいに開きます。
  2. 両手を前に出して、スクワットしながら、腰を落としていきしゃがみます。
  3. 膝は左右の外側に開きます。
  4. 両手を合わせて肘を横に張り、両膝の内側を肘で外側に押すようにします。尾骨は床へ向けるようにして、背筋は上へ伸ばします。
  5. 深い呼吸を3回ほど続けます。

健康なうちから、自分の身体に注意して予防できることは予防したいですね。私は、まだ尿漏れの経験はありませんが、今のうちから気を付けておかないと、いつ後悔することになるかわかりません。

辛かった四十肩や五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎も、ある日突然でしたから。突然、日常の生活にも支障をきたすほどの痛みに襲われます。発症してから治療しようとしても、すぐには治りません。痛みが治まるまで、かなりの期間を要します。

右肩こり
右五十肩はある日突然やってきて日常生活に支障が

もう記憶も曖昧になってしまいましたが、2008年の夏ごろだったと思います ...

続きを見る

左肩こり
左五十肩と頚椎症で肩も上がらないし首も回らない

2014年12月です。 左五十肩 まさか、また五十肩を発症するとは!右の ...

続きを見る

発症する前に予防することが、どれほど大事かということを身をもって経験してきました。徐々に悪化していることに気が付かないんですね。だから、普段から自分の身体に耳を傾けることが大切です。

ヨガでよく「回しにくいところ、引っかかりがあるところ、息苦しいところを感じてください。」と言われます。日々の体調の変化や左右のバランスの違いなど、時間をかけて自分の身体をすみずみまでチェックすることは大切なことです。そして、身体の歪みや不調の原因になっている生活習慣も見直していきたいですね。

関連コンテンツ

おすすめ記事と広告

おすすめ記事

太陽礼拝 1

ヨガ初心者ですが、太陽礼拝だけはどうしても覚えたくて、太陽礼拝の流れを備 ...

リカちゃん 便利アプリ 2

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に ...

-常温ヨガレッスン リラックスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.