常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

内臓を支える骨盤底筋群のストレッチは簡単で地味だけど大事

投稿日:2017年11月15日 更新日:

骨盤底筋(こつばんていきん)という言葉を、耳にされたことがある方は多いと思います。尿漏れの改善や予防のためには、骨盤底筋を鍛えるトレーニングを勧められることがあります。ヨガでも骨盤底筋にアプローチするポーズはたくさんあります。

クラス内容

・運動量低め~中程度のクラス
・上半身と下半身をつなぐ重要な関節である骨盤を中心に、全身の調整を行っていきます。
・骨盤まわりの筋肉をしなやかに保ち、骨盤の歪みや開きを矯正し、腰痛や姿勢の改善、疲れやすい体の改善にも効果があります。

ヨガスタジオハートワンの骨盤調整のクラスは、普通のヨガのクラスとはちょっと異質かもしれません。ヨガのポーズより、骨盤調整を中心としたストレッチやトレーニングが多いです。参加者のメンバーもなんとなく揃ってきた感じです。私と同じようにこのクラスのプログラムが合ってる方も多いのだと思います。インストラクターの先生の工夫が感じられるクラスです。

骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)とは、骨盤の一番底にあって、内臓や子宮、膀胱などを支えている筋肉のことです。よくインストラクターの先生が口にされるのですが、ハンモックのようになっているのだそうです。そう言われると何となくイメージができますね。骨盤底筋群が弱くなると、尿漏れを起こしたり、内臓の位置が下がってしまうのだそうです。内臓の位置が下がると、内臓の動きも悪くなるんですね。

骨盤底筋群を鍛えるためのポーズやストレッチはいくつか行いましたが、その中の一つを紹介します。仰向けに寝て、肘と踵(かかと)で支えながら、お尻(腰)を持ち上げるストレッチです。

骨盤底筋を強化するポーズ

骨盤底筋を鍛えるポーズ

骨盤底筋を鍛えるポーズのやり方です。

  1. まず、マットに仰向けになります。
  2. 両ひじを曲げて、天井へ向けます。指先は軽く握っておきます。
  3. 両足は踵(かかと)を腰幅に開きます。
  4. 息を吐きながら、両ひじと両足の踵(かかと)で支えながら、お尻(腰)をゆっくり持ち上げていきます。
  5. お尻の穴をぎゅーっと引き締めるようにします。
  6. 息を吸いながら、ゆっくり腰を下ろします。
  7. 3回ほど繰り返します。

簡単ですね。でも、骨盤底筋には効果的にアプローチできるポーズです。

近年、とくに骨盤底筋が弱い人が増えているそうです。骨盤底筋が弱くなった原因の一つには、和式トイレがなくなって、しゃがむという動作が少なくなったことも関係があるかもしれないということです。和式トイレでしゃがむことがなくなった分、ストレッチで補う必要があるんですね。

こういう地味なポーズでも、今、どこを鍛えているのかを意識しながら行うことはとても大事です。どんなポーズでも意識して行う場合と、意識しないとでは全く効果が変わってくるのだそうです。特にこういう地味なポーズでは、意識することは大事かもしれません。

骨盤底筋群はとても大事な筋肉です。骨盤底筋群を鍛えることで、尿漏れなどの悩みを解決できるかもしれません。また、今 尿漏れがなくても予防のためにぜひ、行ったほうがいいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

-常温ヨガレッスン 骨盤調整ヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved.