常温ヨガレッスン アロマヨガ

易しい横向きの板のポーズで胸を開いて大胸筋を刺激すると...

投稿日:2017年11月25日 更新日:

ヨガスタジオに入ると、いい香りが漂ってきます。今日のアロマは、いつもと少し違うと思ったら、イランイランがブレンドされていました。ティーツリーカルダモン、イランイランの3種のブレンドです。イランイランがブレンドされると、やはり雰囲気が変わります。ヨガスタジオハートワンのアロマヨガのクラスに参加してきました。

クラス内容

・精油(アロマオイル)を焚いた空間で呼吸をたっぷり入れるようなポーズを行う。
・嗅覚は脳へ直接届き、自律神経や免疫にも働きかける。
・季節や環境にあった精油(アロマオイル)を選びクラスを行う。
・体をほぐしながら、リラクゼーションを高めます。

横向きの板のポーズと言えば、下の画像のようなポーズが基本形と思いますが、今日のポーズは片方の膝(ひざ)を床についた状態でのポーズでした。下の画像のように両足を伸ばした横向きの板のポーズは、私にとってはかなりハードなポーズです。

賢者ヴァシシュタのポーズ

出典:Yoga Share

今日は、横向きの板のポーズになる前のポーズがいつものとは異なりました。下の記事のように門のポーズから、上体を反対へ移動させて横向きの板のポーズになることもありますが、

バービーちゃん ハタヨガ
ホットヨガの後は身体がスッキリして前向きになれます

汗を流したくて、一番室温が高いホットクラスのハタヨガのレッスンを受けてき ...

続きを見る

今日は、初心者向けに難易度が低いポージングだったと思います。胸を開くことがポイントでした。

横向きの板のポーズ

横向きの板のポーズ

横向きの板のポーズのやり方です。

  1. まず、長座の状態から左足を伸ばします。右足の膝を曲げます。右足の横に右手をつきます。
  2. 左手を天井に向けて伸ばします。これが準備のポーズです。
    横向きの板のポーズの前ポーズ
  3. 左手を下から回しながら、腰を上げて右手、右膝で支えるようにします。
  4. 胸を開くようにして、視線は天井です。深い呼吸を続けます。
  5. ゆっくり元の状態に戻り、反対側も行います。

片方の膝を床についているだけでも、ずいぶん楽にポージングすることできます。その分、胸を開きやすいです。

このポーズは、お腹やウエスト周りを引き締める効果もあります。下半身はもちろんですが、腹部の体幹も強化できるそうです。

ヨガでは、胸を開くポーズが多いです。最後のおきまりのポーズ、シャバアーサナ(寝るだけのポーズ)のときに、両肩を床に押し付けるようにしてくださる先生が多いのですが、これも胸を開くためなのだそうです。胸を開くことで深い呼吸ができるようになるそうです。そうすると、新鮮な空気を取り入れやすくなって、エネルギーもたくさん流れるとのことです。胸を開こうとすると、大胸筋を伸ばして刺激することができます。そうすると、胸周辺の血行も良くなります。

ヨガを始めたころは、レッスン後は股関節の刺激が残ったような感じだったのですが、最近は、背中や大胸筋に刺激が残ることが多いです。なんとなくですが、良い姿勢がとりやすくなったような気がします。私の経験ですが、ヨガも1年継続すると、身体の変化を感じられるようになるようです。いつの間にかという感じです。最近は、少しずつ良い方向に向かっているという小さな気づきや実感が、すごく嬉しいです。

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

-常温ヨガレッスン アロマヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved.