更年期症状のケアにはホットヨガがお勧め

ヨガと更年期

更年期

更年期障害の症状

更年期かもしれない、更年期なんだろうな、更年期だった

投稿日:2016年6月14日 更新日:

更年期の始まりなんてわかりません。体調のいい日なんて、年にどれほどあるかしら?と思うほどでしたから。ただ、はっきり自覚したのは、これがホットフラッシュと呼ばれるものだなと感じた時ですかねぇ。

ホットフラッシュかなぁと思う経験をしたのが、2009年です。仕事中にデスクで突然、どーっと妙な汗をかくようになりました。何も予告なく、本当に突然 上半身だけ汗がふきでるのです。そっとハンカチで額をぬぐってました。そして、とにかく疲れる、イライラはあまりなかったと思うのですが、吐き気もするし頭痛もする。リラクゼーションなどへ行くと、確かにスッキリします。ですが、一時的なんですね。

あの頃は、毎週のようにリラクゼーションへ通っていた気がします。料金も安くはなく、継続することはできませんでしたが、それでも相当なお金を使いましたね。

実はこのホットフラッシュの前に辛い辛い五十肩を経験しています。時系列に並べると以下のようになります。

2008年 右五十肩 49歳

2009年 更年期症状 50歳

2014年 左五十肩 55歳

右も左も腕が上がらなくなる五十肩を経験していますが、これも更年期の1つの症状なのかもしれません。

ひどいときは、夜中に突然 おう吐したり、トイレへ行くにも間に合わず、ごみ箱へ吐いたこともあります。突然、高熱がでたことも。朝 起きれない。起きようにも身体が動かない。そして、欠勤することも。

決して怠けてるわけではないのです。動けないのです。

頭痛も多くなりました。昔から頭痛薬にはお世話になっていたのですが、回数が増えていった気がします。

苦しい

吐き気がひどくて、胃腸科でカメラで診てもらっても異常はなく、ピロリ菌もいない。でも、吐き気は仕事中も突然 襲ってきます。

こんな私でも、健康診断では、ほとんでA判定で問題なしです。

病気ではないことは嬉しいのですが、こんなにきついのにと思うのです。未病とか、不定愁訴とも言われます。病名が見つからなければ、若い時は自立神経失調症と言われ、歳が上になると更年期と言われ、本当は何なんでしょう。自律神経失調症や更年期は病名が見つからないときのゴミ箱病とも言われてるようですし、五十肩もいずれ治るものだからということで、真剣に研究されていないとも聞きます。本人は死にたいぐらい辛いんですけどね。

「ストレスが原因かもしれませんね。」と言われます。そりゃ、ストレスもあるでしょう。だけど、私の場合、職場環境は恵まれていたと思います。。。とはいえ、知らず知らずストレスが溜まっていたのでしょうか?今年2016年3月末に退職したのですが、2か月間は夢に職場が出てきてたので、やはりストレスがなかったとは言えませんね。最近、ようやく仕事を忘れることができるようになりました。プライベートなことも、そりゃあ長く生きてくればいろいろあります。でも、ストレスがない暮らしってできないでしょう。本当にどうすりゃいいのさ?って感じですよ。

更年期の年齢って、だいたい45歳から55歳と言われているようです。現在57歳なので、もうそろそろ卒業できてもいいような気もするのですが。でも、個人差はあるでしょうから、まだ続くのかもしれません。

最近、ホットヨガのおかげか、夜中にトイレへ起きることもなく朝までぐっすりです。

リラクゼーションは、外からの手技によって行われるの対して、ヨガは内側から自分の力で正常な状態にしようとするものです。人間には不思議な力があって、治癒力も高めることができるようです。

ホットヨガで更年期症状が軽減できます!とまだ断言はできませんが、今は そうであってほしいと願いながら続けています。

福岡の格安ホットヨガは↓

スポンサーリンク

-更年期障害の症状

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.