更年期症状のケアにはホットヨガがお勧め

ヨガと更年期

ヘッダーとフッターyoトップ上

右肩こり

更年期障害の症状

右五十肩はある日突然やってきて日常生活に支障が

投稿日:2016年6月19日 更新日:

もう記憶も曖昧になってしまいましたが、2008年の夏ごろだったと思います。

右五十肩

突然、本当に突然、右腕が上がらなくなりました。ブラジャーの留め具を留めることができないのです。長かった髪に櫛を入れるのも出来ないのです。腕を上げられないことで日常の生活に支障がでます。服を脱ぐのも着るのも痛い、時間がかかる。そうそう、右脇の始末もできなくなりました。ビンやペットボトルの蓋が開けられなくなり、蓋を開けるためのグッズを購入したり。

どれほど痛いかは、経験した人しかわからないと思います。いや、痛みの激しい人、そうでもない人 それぞれかもしれませんね。放っておいてもいずれ治るものだからと、どこか甘く考えられてるような気がするのですが、その渦中の者にとってはたまったもんじゃない。

私の場合、右腕を切って捨ててしまいたいと思うほどでした。痛くて眠れない。痛くて目が覚める。大学病院でレントゲンを撮ったり注射をしたり、整骨院でリハビリをしたり・・・泣くほどの痛みに苦しんだのは1年ほどだったと思いますが、まっすぐ右腕を上げられるようになるには3年ほどかかった気がします。

泣きました。いつ治るのかしら?このまま治らないのではないかしら?

泣き顔

このころは、博多に住んでいたのですが、近所のカイロプラクティックへ行って治療を受けてもすぐに良くなるわけでもないし、治療費が高くて続きません。整形外科も2か所、通いました。通院も続きませんでした。どうしても効果があるとは思えなかったのです。

本当に暗黒の時でしたね。苦しかった!ただ、その記憶しかありません。原因は、長時間のパソコン業務なのかもしれませんが、仕事柄 パソコンは必須です。身体を定期的に動かせばいいのでしょうが、ついつい没頭してしまう、あと少しで終わると思うと継続してしまうんですね。定期的にスポーツをするなど、体を動かすことをやっていれば良かったのかもしれません。そのころは何もやっていませんでした。

湿布を貼ったりもしましたが、肌が弱くすぐ赤くなってしまいます。このころ、一度だけ大学病院で肩に注射を打ちましたが、痛みがなくなるのは、ほんの一時でした。右肩のときは、継続して整体へ通うこともなく。。。自然治癒するまで、これといった治療はしませんでした。もちろん、あれこれ試してはいたのですが。

病院へ行っても、いずれ治るからと言われ、一笑されてお終いという感じでした。たしかに何もしないでも治るものかもしれない。でも、その渦中は最悪ですよ。苦しかった、どん底でした。

スポンサーリンク

-更年期障害の症状

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.