リカちゃん デトックスヨガ

ホットヨガレッスン デトックスヨガ

五十肩にならないための究極の肩ストレッチはこんなポーズ

投稿日:2017年6月1日 更新日:

5月はほとんどヨガレッスンに参加できなかったので、今月は思いっきりヨガを楽しもうと思っています。お天気も良いですし、気分も上々です。

クラス内容

体を内側から温めリンパの流れを良くしデトックス効果の高いクラス。心身ともに浄化し、ダイエットにも効果的

カルド(CALDO)中洲では、6月になってまた少し時間や内容が変更されています。それでも一日に6クラスから7クラスもあって予約なしで参加できるのはありがたいです。今日は午前のクラスに参加してきました。デトックスヨガは、室温は中、初心者向け、60分のクラスです。

今回は、究極の肩ストレッチと言われているポーズを紹介します。デトックスヨガで実際に行ったポーズです。

うつ伏せで手を横へ

まず、うつ伏せになって右腕を真横に伸ばします。伸ばした手の平は床に付けます。左腕はまっすぐ前に伸ばしておきます。

手を伸ばしたまま横向きに

そして、そのまま左側を向いて体を左に向けます。ここで右肩が痛む場合は止めておいてください。横になったとき上になっている左足の膝を曲げて右足の膝裏あたりに足裏をつけます。身体を軽く支えている感じです。
横向き

片手を背中へ回して胸を張る

左腕を上にあげて、そのまま背中に回します。余裕があれば左肩を少し後ろへ引いて胸を張るようにします。これでキープします。

肩甲骨がぐーっと寄せられます。もちろん反対側も同様に行います。左右で違いがあるかもしれませんが、痛気持ちいいという感じです。

少しハードなポーズやストレッチをした後は、必ずチャイルドボーズで全身の力を抜いてお休みしてくださいね。

顔を下に向けた英雄座

出典:Yoga Share

時々、整体師の方とお話する機会があるのですが、その方が言われるには「20代の頃からお風呂上りのストレッチが習慣化しているような人なら、肩こりとかないかもしれませんね。」と。そうなんですよね。若い時から、中年になってからではなく、健康なときから始めるのが大切なんですよね。

悪くなってからでは、予防の何倍もの時間がかかってしまいます。治ればいいですが、持病となってしまう場合もあります。「まだ、肩こりなんて」と軽く考えないでください。四十肩や五十肩は、ある日突然やってきます。ひどい場合は生活に支障が出るほどです。私の場合、右も左も五十肩を経験していますが、その痛さと言ったら…。腕を切って捨てたいと思うほどでしたから。服の脱ぎ着ができない、ものすごく時間がかかるようになります。腕を上げることができないので、櫛で髪をすくこともできません。痛みで眠れない、痛みで目が覚めるといった状態でした。

もう、ヤツはすぐそこまで忍び寄ってきているかもしれませんよ。どうぞ、健康な方も健康なうちに予防することを意識してくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

-ホットヨガレッスン デトックスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved.