リカちゃんママ やさしいヨガ

ホットヨガレッスン やさしいヨガ

座位の深いねじりのポーズで内臓全体を活性化して便秘解消へ

投稿日:2017年6月5日 更新日:

カルド(CALDO)中洲のやさしいヨガのクラスはゆっくり1つ1つのポーズをじっくり行うクラスです。ゆっくりだから、楽なんてことはありません。ゆっくりじっくりポージングするのも、意外とハードなんですよ。

クラス内容

基本的な呼吸法とポーズをゆっくり丁寧に行い、初心者の方でも安心して参加できるクラス。穏やかな呼吸を大切にしながら心と体を落ち着かせていく。

やさしいヨガは室温は一番熱いHOTなクラスで、初心者向け、60分のクラスです。私にとっては、久しぶりのHOTなクラスです。

レッスン開始後、安楽座になって呼吸を整えるのですが、この安楽座の時、両手を両膝の上にかるく置きます。この時開放的な気分になりたいときは、手のひらを上へ、落ち着きたい時は手のひらを下へ向けるといいそうです。その日の気分で選択するといいですね。安楽座も「足を組むのが苦手な人や、痛い場合は片足を伸ばしてもいいですよ。」と言われます。

開放的な気持ちになりたい時は手のひらを上に

落ち着きたい時は手のひらを下に

HOTクラスは、この最初の安楽座で呼吸を整えるところから汗をかきだします。お腹を大きく膨らませて吸って、お腹をぺちゃんこになるくらい吐ききってと、深く呼吸を続けるだけで汗をかくんですよ。

このクラスは初心者向けのせいか座位の基本的なポーズが多い気がします。その中から、深く深く上半身をねじるポーズを紹介します。ねじるポーズはどのクラスでもよく行います。深くゆっくりじっくりねじることで、内臓全体を活性化できるそうです。内臓を活性化することで便秘解消にも効果があるとのことです。

まずは片足を前に伸ばして、もう片方の足を延ばした足をまたいで足裏を床につきます。この時、できるだけ曲げた足を手前に引くようにすると深くねじることができます。

そして、このままでもいいのですが、深くねじりたい場合は、伸ばした足を曲げてお尻に近づけます。お尻の下にはならないように気をつけます。お尻はあくまでも床についている状態です。 足をクロスしている状態で、上になっている足と、反対の手で上になっている膝へ軽くおきます。もう片方の手は、背中へ回してお尻の近くにカップの形にして床に置きます。これで準備完了です。

半分の魚の王のポーズ

半分の魚の王のポーズ

出典:Yoga Share

  • 息を吸うときに背筋を伸ばします。
  • 息を吐くときにゆっくり後ろへ上半身をねじっていきます。

ポイント首だけでなく、お腹の下から上半身全体を後ろへねじるようにします。呼吸を続けながら、呼吸のたびにねじりを深めていきます。

4回続けたら、反対を行います。 このねじりのポーズは腰や背中の筋肉を伸ばして、腰痛の予防や緩和にもなるそうですが、痛みがある場合は決して無理しないでくださいね。このポーズは半分の魚の王のポーズとも呼ばれています。

このねじりのポーズは、椅子に腰かけた状態でもできますね。息を吸うときに背筋をピンと伸ばして、息を吐くときにゆっくり後ろを振り向くようにすれば、それでも十分効果があると思います。職場のお昼休みや、休憩時間にもできますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

-ホットヨガレッスン やさしいヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved.