リカちゃん ビギナーズヨガ

ホットヨガレッスン ビギナーズヨガ

足の疲れと浮腫みをとって綺麗な足を目指すならサギのポーズがお勧め

投稿日:2017年6月22日 更新日:

最近は、ビギナーズクラスに参加することが多いです。難しいポーズもないので、気持ちもリラックスして参加することができます。ビギナーズクラスには、体験レッスンで参加される方も多いようです。

クラス内容

ヨガのクラスの中でも強度が低く初めての方でも安心してご参加いただけます。基本的な呼吸法、ポーズをゆっくり丁寧に行うクラスです。

カルド(CALDO)中洲のビギナーズクラスは、室温が中と高いクラスがあるのですが、今日 参加したのはホットなクラスのほうです。

深い呼吸を続けていくと、ざわついた気持ちも心なしか落ち着いてきます。呼吸を意識するなんて、ヨガでもしない限り日常の生活ではないですからね。習い始めのころは、呼吸に合わせることさえぎこちなかったのですが、慣れてくると自然と出来るようになります。やはり何事も継続することは重要ですね。

ところで、足が浮腫んだりしませんか?長時間のデスクワークが続くと足が浮腫みやすくなります。浮腫むと辛いですよね。30分に一度は椅子から立ち上がって、軽く運動をしたりするといいと言われます。でも、業務に追われていたり、集中しているとなかなか実行できません。
浮腫んだ足

今日は、浮腫んだ足をスッキリさせるポーズを紹介します。 それは、サギのポーズと呼ばれているものです。最初から、画像のように足を真っすぐ伸ばすなんて出来ません。足をつかむ位置は、膝裏(ひざうら)でも脹脛(ふくらはぎ)でもいいです。または、タオルを使って足の裏にひっかけてポーズをしてもいいです

サギのポーズ

出典:Yoga Share

サギのポーズのやり方です。

  1. 床に座って両足を伸ばします。
  2. 片足の膝を曲げて、足裏に両手を回して引き寄せます。前に伸ばした足は足裏を前に突き出しておきます。
  3. 曲げたほうの足を床に平行になるまであげます。背筋は出来るだけ真っすぐしたままです。
  4. 息を吐きながら徐々に上にあげていきます。腿のうら、膝裏(ひざうら)、ふくらはぎの伸びを感じます。

脹脛(ふくらはぎ)は第二の心臓といわれるぐらいで、脹脛(ふくらはぎ)をもむと血流をアップさせることができます。脹脛(ふくらはぎ)が固くなると代謝が悪くなるんですね。腿(もも)から足首まで一気に伸ばすことができるサギのポーズは、浮腫みにはとっても効果的なポーズです。足の疲れもとれて、美脚にもつながります。

夏は、汗をかくので痩せやすいように思われるかもしれませんが、実は夏は痩せにくいのだそうです。寒い冬なら、体が自然に体温をあげようとして代謝が上がるのですが、夏は反対に体温をあげる必要がなく代謝が落ちるのだそうです。

代謝が悪くなると、浮腫みやすくなるんですね。また、夏は冷たい飲み物をとることも多いですし、なおさら体が冷えて代謝が落ちるのだそうです。夏は代謝を落とさないように食べ物や飲み物にも気をつけたいですね。

それでも浮腫んだら、サギのポーズを思いだしてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

-ホットヨガレッスン ビギナーズヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved.