リカちゃん デトックスヨガ

ホットヨガレッスン デトックスヨガ

体側を伸ばしてウエストを引き締める三角のポーズは無理なく少しずつ

投稿日:2017年7月8日 更新日:

雨が続いて、体までじめじめした感じです。こういう時は、やはりヨガでスッキリしたいものです。ヨガで体をほどよく伸ばしてリラックスすると、暑くて寝苦しい夜でもすっと眠りに落ちることができるから嬉しいですね。

クラス内容

体を内側から温めリンパの流れを良くしデトックス効果の高いクラス。心身ともに浄化し、ダイエットにも効果的

デトックスヨガは、久しぶりの参加です。カルド(CALDO)中洲の今日のデトックスヨガは、室温はHOT、初級・中級者向け、60分のクラスです。

久しぶりのデトックスヨガの参加です。初めてお会いする先生だったので、最初から最後まですごく新鮮で楽しかったです。2回、先生から体に触れて矯正していただきましたが、ちょっと、ほんのちょっと正すだけで、筋肉の伸びる箇所が違ってくるから不思議です。

いくら自分のできる範囲でいいと言われても、やっぱり本来のヨガの綺麗なポーズをしたいものです。綺麗なポーズをして初めてヨガの効果も得られるのでしょうから。慣れたポーズも見直すと新しい発見があります。ヨガは、本当に計り知れないくらい奥が深いです。

先生から矯正されたのは、三角のポーズです。このポーズもあちこち意識する箇所があって、こっちを意識すれば、こっちが疎かになったりと、私にとってはまだまだ難易度の高いポーズです。でも、このポーズの後は、脇腹が伸びたことをしっかり感じることができます。

三角のポーズは、バリエーション版も多く体をねじったり難易度もさまざまですが、今日行った三角のポーズは初心者向けのポーズです。

三角のポーズ

出典:Yoga Share

三角のポーズ

出典:Yoga Share

三角のポーズ

三角のポーズのやり方です。

  1. 両足を大きく開きます。右足先は真横、左足は少し内側です。右足と左足は一直線上になるようにします。体は正面を向いたままです。
  2. 両手を肩まで上げて真っすぐ伸ばします。手の平は床の方へ向けます。この時、手首の下に足首があるような感じです。もし、狭いようなこの時に開いて調整します。参考あまり大きく開くと、ふらふらするかもしれないです。自分でしっかり立てる範囲ですね。
  3. 息を吸って背筋を伸ばして、息を吐きながら右指先の方向へ引っ張られるように上体を倒していきます。体は正面を向いたままです。
  4. 限界まで引っ張られた感じになったら、右手を下へ左手を上へ一直線になるように伸ばします。
  5. 右手は足首付近まで伸ばせたらいいのですが、膝(ひざ)や脛(すね)ぐらいでも大丈夫です。出来る場合は、床に手をつけます。
  6. 目線は左の指先、天井です。首が痛い場合は、無理しないで真っすぐでもOKです。できるだけ胸を張ります。
  7. 起き上がるときは、左手に引っ張られるような感じでゆっくり背筋を伸ばしたまま戻ります。

私は、脛(すね)を触るので精一杯です。それでも十分体側の伸びを感じることができます。先生から、体を倒したのとは反対の足の膝をちょんと伸ばされたんですね。右手を出来るだけ下へ降ろそうとして、後ろの足の膝(ひざ)を曲げてしまったようです。膝(ひざ)を伸ばしただけで、体側の伸びをさらに感じました。

下の記事でも三角のポーズについて書いていますが、この時のポーズは手を足の後ろ側についています。三角のポーズはヨガの基本的なポーズの一つなのですが、本当にバリエーション版が多い気がします。

バービーちゃん デトックスヨガ
ヨガの三角のポーズは簡単じゃない

昨日も一昨日も夜中2時まで起きてて、少し寝不足状態だったのですが 土日は ...

続きを見る

一人でポーズイングしていると、どうしても楽なポーズをしているようです。自宅で一人で行っていると、先生に矯正してもらうことはできませんからね。これも、ヨガスタジオに通うメリットですね。

超お得♪体験当日入会キャンペーン中!

関連コンテンツ

おすすめ記事と広告

おすすめ記事

太陽礼拝 1

ヨガ初心者ですが、太陽礼拝だけはどうしても覚えたくて、太陽礼拝の流れを備 ...

リカちゃん 便利アプリ 2

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に ...

-ホットヨガレッスン デトックスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.