リカちゃんママ やさしいヨガ

ホットヨガレッスン やさしいヨガ

これならテレビを見ながらでも出来る!ねじりのポーズで内臓を活性化

投稿日:2017年7月24日 更新日:

夏は冷たい飲み物や食べ物を摂りすぎて、内臓を冷やしてしまうことが多いのだそうです。内臓が冷えると、代謝も悪くなり体調不良の引き金になることもあります。夏こそ内臓を刺激して内側からぽかぽかさせてあげましょう。テレビを見ながらでも出来る簡単なねじりのポーズを紹介します。

クラス内容

基本的な呼吸法とポーズをゆっくり丁寧に行い、初心者の方でも安心して参加できるクラス。穏やかな呼吸を大切にしながら心と体を落ち着かせていく。

カルド(CALDO)中洲のやさしいヨガは、室温は一番高いホットクラス(室温38度~40度)、初心者向け、60分のクラスです。

ヨガは経験がないし、体が硬いから心配だと思っていらっしゃる方は、やはり初心者向けのクラスをおすすめします。本当に丁寧にゆっくり指導してもらえます。ヨガのポーズは簡単なものから難しいものまで、非常に幅広く奥が深いです。簡単そうに見えても、実際やってみると難しかったとか、反対に難しそうと思っても、案外できたりすることもあります。初心者クラスであれば、最初から最後まで決してハードなポーズはありません。シンプルなポーズが多いです。ですが、シンプルなポーズであっても、呼吸に合わせてポーズをすることで、しっかり筋肉の伸びを感じることができます。

ねじりのポーズ1

  1. まず、両膝を立てて座ります。両手をお尻の後ろにつきます。
  2. 片足をもう片方の腿の上に置いて、息を吐きながら足の重みでゆっくり倒していきます。出来るのであれば、膝が床につくようにします。
  3. 息を吸いながら元にもどし、反対側も行います。簡単ですよね。

ねじりのポーズ2

  1. 両足を深く組みます。足の甲を床につけるようにします。お尻は浮かないように、しっかり床についているようにします。できない場合は、無理はしません。安楽座でもいいです。
  2. 両手を横に広げて、上体をねじって右足が上になっている場合は、左手を左ひざの外側におきます。
  3. 右手はお尻の後ろに指を立てておきます。
  4. 息を吐きながら、お腹の下からねじっていきます。息を吸うときに背筋を伸ばして、息を吐くときにねじりを深めていきます。視線はできるだけ後ろを見るようにします。首が痛い場合は、無理をせず気持ちいいと感じるところでストップです。

ヨガをすると身体の筋肉が温まって代謝が良くなることを実感することができます。自分では感じていなくても、知らず知らず身体のあちこちが緊張して凝っていることがあります。ヨガをすると、その緊張や凝りがほぐれていく気持ち良さを感じることができます。難しいことは何も考えずに、呼吸に合わせて無理のないペースでインストラクターの先生の動きを真似て楽しむだけです。だから、ヨガは誰にでもできるエクササイズなんですね。ヨガを始めるのに、遅いということはありません。一度体験してみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

-ホットヨガレッスン やさしいヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.