更年期症状のケアにはホットヨガがお勧め

ヨガと更年期

ビギナーズヨガ

ビギナーズヨガ

ヨガのポーズが出来ない時は、呼吸に原因があるかも

投稿日:2017年4月14日 更新日:

カルド(CALDO)中洲のビギナーズヨガは、室温が高いホットクラスと3段階の中クラスのゆるホットのクラスがあります。時間はどちらも60分ですが、インストラクターの先生は違います。

クラス内容

ヨガのクラスの中でも強度が低く初めての方でも安心してご参加いただけます。基本的な呼吸法、ポーズをゆっくり丁寧に行うクラスです。

初めてお会いする先生です。笑顔が可愛くて、それだけでも癒されます。いつものように、レッスン開始は先生のお話から始まります。その中でも、なるほどと思ったのが、水分補給の方法です。水分は喉が渇いたから補給するのではなく、喉が渇く前に少しずつ補給してください、とのこと。喉が渇いてから、一気にお水を飲むと、体が冷えてしまうのだそうです。だから、喉が渇く前に少しずつ補給したほうがいいそうです。スタジオでの水分補給はボトルに入れた水素水です。カルド(CALDO)中洲には、水素水サーバーがあるので、そのサーバーからボトルを満水にして持ち込んでいます。一回のレッスンで、そのボトルの水500mlを飲み干しています。レッスンの区切りで先生から「汗を拭いてお水を取ってください」と言われるので、その時には必ず取るようにしています。もちろん、強制ではないですし、それ以外の時間でも自由に水分補給して良いことになっています。

しばらく前まで、体調不良でレッスンもお休みしていたのですが、体調が悪い時って呼吸が浅くなる気がします。深く吸う、深く吐くという呼吸ができないのです。苦しいので、浅い呼吸になってしまいます。レッスンでは必ず呼吸を整える時間があるのですが、この時間でほぼ、その日の体調がなんとなく分かるようになってきました。鼻からふか~く吸ってお腹を膨らませて、こんどはお腹をへこませながら鼻から薄く長く息を吐き切る。たったこれだけのことなのですが、体調のいい日と悪い日は全く違います。日常の生活の中でも呼吸に意識を向けると体調の変化に気がつくことがあるかもしれませんね。

今日は久しぶりに鷲(わし)のポーズを行いました。さすがビギナーズヨガです。とても丁寧に教えていただけました。左の腕を前に伸ばして、その下に右腕を通してクロスして、そのまま背中まで回して自分を抱くようなポーズをします。そして、両手を前に持ってきて、クロスして手のひらを合わせます。そして、少し腰を落として左足を曲げます。それから、右足を左足にかけます。出来る場合は、脹脛(ふくらはぎ)まで回してひっかけます。そして、吸うときに組んだ手を上げて、吐くときに膝を曲げて腰を落としていきます。この鷲(わし)のポーズは、とにかく肩甲骨に効きます。この両手の組み方だけでも、肩甲骨周りをほぐしてくれます。そして、バランスも必要なので、集中力も要求されます。

鷲のポーズ

出典:Yoga Share

鷲のポーズ

このポーズの後、先生が「みなさんのところから、呼吸する音が聞こえなくなりました」と笑いながら話されましたが、そう言えば深く呼吸することを忘れていました。少しハードなポーズになると、呼吸が止まってしまうようです。

ヨガのポーズが出来ない時は、呼吸に原因があるかもしれません。ヨガのポーズは、ポーズに呼吸を合わせるのではなく、呼吸にポーズを合わせるることが大切なのだそうです。呼吸を意識しながら、自分の身体と対話する事が大切なんですね。

福岡の格安ホットヨガは↓

スポンサーリンク

-ビギナーズヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.