更年期症状のケアにはホットヨガがお勧め

ヨガと更年期

デトックスヨガ

デトックスヨガ

パンティラインにある鼠径部(そけいぶ)を刺激してリンパの流れを良くしよう

投稿日:2017年3月24日 更新日:

鼠径部(そけいぶ)って、どこのことかご存知ですか?左右の足の付け根にある三角形の箇所です。パンティラインと言ったほうが分かりやすいと思います。この鼠径部(そけいぶ)を程よく刺激すると、リンパの流れを良くして老廃物を排出しやすくなるそうです。今日は、鼠径部(そけいぶ)を刺激するポーズを行いました。

クラス内容

体を内側から温めリンパの流れを良くしデトックス効果の高いクラス。心身ともに浄化し、ダイエットにも効果的

カルド(CALDO)中洲のデトックスヨガは、室温は中、初心者向け、45分のクラスです。初心者向けで、かつ45分という短いクラスのせいか、参加者は多いです。

今日もたくさんのポーズを行いましたが、その中から鼠径部(そけいぶ)を刺激するポーズを紹介します。
うつ伏せになって、手をグーの形にします。そして、鼠径部(そけいぶ)に手の甲が床に触れるようにしてグーのまま置きます。頭と足は床につけたままでしばらくキープします。これもセルフマッサージですね。

半分バッタ

スポンサーリンク

うつ伏せのままでもいいのですが、もう少し刺激したい場合は、片足ずつ持ち上げてしばらくキープします。刺激が強くなりますから、足はゆっくりゆっくり持ち上げてください。
もっと刺激したい場合は、頭と足を床から離して上へ持ち上げます。これでキープします。このポーズは、半分のバッタのポーズや、バッタのポーズと呼ばれているようです。
かなり刺激されますので、無理しないようにしてください。刺激が強いと感じる場合は無理せず、グーの位置を少し変えるだけでも刺激は変わりますので、少し位置を変えて気持ちいいと感じるところを探してみてください。うつ伏せに寝て、グーをパンティラインへ置くだけでも、気持ちよく刺激されれば十分だと思います。 下の画像では、鼠径部(そけいぶ)に置いた手はグーの形になっていませんが、鼠径部(そけいぶ)を刺激したい場合はグーの形にしてください。

半分のバッタのポーズ

出典:Yoga Share

半分のバッタのポーズ

出典:Yoga Share

鼠径部(そけいぶ)を刺激すると、リンパの流れが良くなり、不要な水分や老廃物を流しやすくなるそうです。いつでもそうですが、お水はたくさん飲んだ方が排出しやすくなるそうです。股関節周りの筋肉をほぐしたり、伸ばしたりするポーズもよく行いますが、鼠径部(そけいぶ)を直接刺激するには、このポーズがお勧めです。でも、痛い場合は、決して無理せず気持ちいいと感じる位置や姿勢を探すようにしてください。
自宅で行う場合は、固い床では手が痛いかもしれませんので、畳や絨毯のうえなどで行うことをお勧めします。鼠径部(そけいぶ)は、身体の中でも一番大きなリンパが集まる、重要な個所なのだそうです。足の浮腫みもスッキリするし、血行をよくし冷え性にも良いとのことです。ぜひ、お試しください。

福岡の格安ホットヨガは↓

スポンサーリンク

-デトックスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.