更年期症状のケアにはホットヨガがお勧め

ヨガと更年期

骨盤調整ヨガ

骨盤調整ヨガ

体調不良は骨盤を正しい位置へ戻すことで軽減できるかもしれない

投稿日:2017年3月29日 更新日:

朝一番のヨガレッスンに参加すると、その日一日を爽やかに過ごすことができる気がします。一日を大切にしたいから、今日も朝一番のクラスに参加してきました。

クラス内容

容骨盤回りの筋肉をほぐしたり鍛えたりして、歪みを整える。骨盤が整うことによって全身のバランスが良くなり、代謝アップやデトックス効果も得られる。

カルド(CALDO)中洲の骨盤コンディショニングヨガは、室温は低、初級・中級者向け、60分のクラスです。参加者は相変わらず多いですね。

骨盤というと女性の方のほうが敏感なのかもしれないですね。というのも骨盤は子宮を守る重要な役割も果たしているので、骨盤は大事なところという認識は高いのかもしれません。参加者全員が女性だったのも頷けます。レッスン開始前に先生のお話があるのですが、骨盤がどんなに重要なのかも話してくれます。
骨盤は体の中心にあります。骨盤が身体の土台になります。赤ちゃんを守る子宮を守る大切な役割もあります。また、骨盤の内側には、内臓や生殖器があって、これらを下から支える役目もあります。骨盤が歪んで内臓を支えられなくなると内臓は下がってしまいます。」というような内容を話してくれます。聞くたびに「なるほど!」と思います。ヨガでは、骨を直接動かすのではなく、骨の周りの筋肉を緩めたり、強化することで正しい位置へ戻すのだそうです。

このクラスでは、呼吸を整える前に、まずバスタオルの上に仰向けになって骨盤周りを緩めるストレッチを行います。股関節周りを気持ちよく動かしたり、グーにした手でお尻の横をトントン叩いたりします。難しいこと特にありません。

ただ、寝っ転がって一通りのストレッチをした後、起き上がるときに、ガス抜きのポーズから(両足の膝を曲げて、曲げた両足を両手で抱えて)前後へ揺らしながら、だんだん大きく揺らして最後に起き上がるのですが、腹筋のない私はまだ綺麗に起き上がることができません。

ガス抜きのポーズ

出典:Yoga Share

スポンサーリンク

骨盤周りを動かしインナーマッスルを鍛えることで、骨盤を調整することが出来ると言われています。骨盤調整に効果的と言われるポーズの1つに三日月のポーズがあります。
四つん這いになって、肩の下に手首、手の平はパーにしてしっかり開きます。中指が真っ直ぐ前です。腰の真下に膝をおいて、肩幅ぐらいに開きます。片足を手と手の間に置きます。そして、息を吸いながら、両手を上げていきます。息を吐きながら腰を下へ落とすようにしてします。一気に両手を上げられない場合は、一度曲げた膝に両手を置いて、それから上げてもいいと言われます。私は、こちらの方法です。もちろん、反対の足も行います。出来る場合は、上体を反らします。

三日月のポーズ

出典:Yoga Share

三日月のポーズ

身体の不調は骨盤の歪みが原因となっていることも多いそうです。なので、骨盤を正しい位置に戻すことで、不調を軽減できることもあるとのことです。骨盤が大切な役割をしていると知っていても、メンテナンスは怠りがちですね。ホットヨガで一緒に骨盤のメンテナンスをしませんか?

福岡の格安ホットヨガは↓

スポンサーリンク

-骨盤調整ヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.