更年期症状のケアにはホットヨガがお勧め

ヨガと更年期

ピラティスヨガ

ピラティスヨガ

バッタのポーズはうつ伏せに寝て両手足を上へ

投稿日:2016年12月15日 更新日:

快食、快眠、快便であれば、その日は幸せです。毎日続けばいいのですが、なかなか毎日とはいきません。今朝は、快便だったので、気持ちよくヨガレッスンへ参加してきました。

クラス内容

体幹とインナーマッスルを鍛え、体の内側から脂肪を燃焼させる効果のあるクラス。筋力と集中力も身につけていくことができる。

ピラティスヨガは、室温は中、初級・中級者向け、45分のクラスです。早めに到着したので、スタジオに入って十分身体を温めることができました。久しぶりのピラティスヨガです。ピラティスより、ピラティスヨガの方が少しやさしい気がします。ピラティスヨガに参加しようと思うようになった気持ちが自分が嬉しいです。体調が悪いと、前向きになれませんからね。
ここの教室で私が体験した中では、デトックスヴィンヤサヨガのクラスがが一番ハードかもしれません。ピラティスも、ハードですが、ハードというより体幹やインナーマッスルを使うポーズが多いので、私としては苦手意識が強いのかもしれません。

今日は、下のようなバッタのポーズをしました。先生は、まっすぐピンと上がってますが、私は、かろうじて床から手足が離れている感じです。(^^ゞ 手も足も伸ばしたままです。脇はひらきません。簡単そうに見えても簡単に出来るポーズなんてありませんね。手足を床に下ろすと、ふーっとなります。ぎこちないバッタのポーズでしたが何度か繰り返しました。

バッタのポーズ

出典:Yoga Share

バッタのポーズ

そして、いつもの四つん這いのテーブルのポーズから左手右足を上げてバランスをして、上げた手足を縮めたり伸ばしたり…さすがピラティスヨガです。この四つん這いからの流れのバリエーションが長いです。きっと明日は、お尻が痛いんじゃないかしら。(^-^)

その流れのポーズの中で、バランスを崩してずっこけそうにもなりましたが、どうにか持ちこたえました。左はできても右はできないなど、いつものことですが左右の違いを実感します。ずっこけそうになったポーズはこれ↓です。賢者ヴァシシュタのポーズという名前だそうです。画像のように綺麗じゃないですよ。私はへっぴり腰です。バービーちゃんが綺麗に出来てて、ちょっと((“o(>ω<)o”))クヤシイー!!

賢者ヴァシシュタのポーズ

出典:Yoga Share

賢者ヴァシシュタのポーズ

ヨガをとおして、自分の呼吸や身体に集中して自身を見つめ直すことができます。日常の生活の中に、そういう時間を持つことは大切な気がします。自宅ではパソコンに向かっている時間も長いので、意識して身体を動かさないと、すぐ肩凝りや首凝りになってしまいます。ヨガは各部の関節や筋肉を伸ばして刺激することができるので、身体がめっちゃ軽快になります。ストレスが抜け落ちたような感じになるんですね。

レッスン後は、スパで汗を流してシャンプーもしたのに、今日は下着を忘れてしまって、汗で濡れた下着を身に着けなければなりませんでした。忘れ物はしないようにしないといけまでんね。

-ピラティスヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.