更年期症状のケアにはホットヨガがお勧め

ヨガと更年期

太陽礼拝

サンサルテーションヨガ

サンサルテーションヨガクラスの太陽礼拝

投稿日:2016年12月26日 更新日:

サンサルテーションヨガのクラスでは、太陽礼拝を何度も行います。レッスンに参加するうちに太陽礼拝の流れを自然に身につけられるようになっています。

クラス内容

呼吸を深めながら太陽礼拝を行うクラス。全身の血の巡りを良くし体温を上げます。呼吸と動きを連動させるので、しっかり汗をかき筋力もついていきます。

他のクラスの太陽礼拝とはちょっと違う部分もあります。 カルド(CALDO)中洲のサンサルテーションヨガクラスでの太陽礼拝の流れを紹介します。

①立位の合掌

息を吐きながら胸の前で手を合わせて合掌します。

立位の合掌

出典:Yoga Share

立位の合掌

②立位の後屈

息を吸ってお臍を前に突き出すようにして、後ろへ反ります。首だけが後ろにならないようにと言われます。

立位の後屈

出典:Yoga Share

立位の後屈

③立位の前屈

息を吐きながら前屈です。両手を両足の横につきます。膝は曲げてもいいので、お腹と太腿がくっつくようにします。バービーちゃんは前屈が苦手です。

立位前屈

出典:Yoga Share

立位前屈

④ランジのポーズ

息を吸いながら右足を後ろへ引きます。お尻を落として顔を上げ胸を開きます。膝をついて足先は真っ直ぐです。画像は膝をついていませんが、サンサルテーションヨガのクラスでは右足の膝は床につきます。バービーちゃんは、このポーズは難しいです。

ランジのポーズ

出典:Yoga Share

ランジのポーズ

⑤板のポーズ

左足を後ろへ引いて、腕立て伏せのようなポーズです。頭からかかとまで真っ直ぐです。

板のポーズ

出典:Yoga Share

板のポーズ

⑥八肢のポーズ

顎と胸を床につけます。肘を横に開かないようにします。

八肢のポーズ

出典:Yoga Share

八肢のポーズ

⑦ベイビーコブラのポーズ

前のポーズから前へ滑り出すようにして、コブラのポーズになります。足先は伸ばします。お腹は床につけたままです。

ベイビーコブラ

出典:Yoga Share

コブラのポーズ

⑧顔を下に向けた犬のポーズ

お尻を高くして、できるだけ背中が平らになるようにします。両足はできれば閉じるように言われます。

顔を↓に向けた犬のポーズ

出典:Yoga Share

ダウンドッグ

⑨立位の前屈

右足と左足を両手の間に置きます。とことこ歩いていいです。息を吐きながら前屈です。膝は曲げてもいいので、お腹と太腿がくっつくようにします。

立位前屈

出典:Yoga Share

立位前屈

⑩立位の後屈

息を吸いながら後ろへ反ります。

立位の後屈

出典:Yoga Share

立位の後屈

⑪山のポーズ

息を吐きながら、両手を下して真っ直ぐ立ちます。

山のポーズ

出典:Yoga Share

山のポーズ

上記が右足の流れです。今度は、④の乗馬のポーズのときに左足を後ろに引きます。右足と左足を行って、1つのルーチンです。太陽礼拝は、クラスや先生によって、ちょっとずつ違いますし、時々 バリエーション版もあったりします。

太陽礼拝
太陽礼拝(サンサルテーションヨガ)をバービーと一緒に覚えよう

ヨガ初心者ですが、太陽礼拝だけはどうしても覚えたくて、太陽礼拝の流れを備忘録として記録しておきます。太陽礼拝もバリエーション版があったり、初心者向け、上級者向けがあるようで、先生によって少し違いがあり ...

続きを見る

上記の「太陽礼拝(サンサルテーションヨガ)をバービーと一緒に覚えよう」と比べていただくと、違いが分かると思います。

この太陽礼拝を繰り返すだけで、汗が流れます。そして、同じ動作を繰り返すうちにだんだん足の伸びなどを感じることができます。ヨガは、呼吸に合わせながら動作を続けて、自分の体と対話することが大事なのだそうです。太陽礼拝が終わった後、とっても体がスッキリします。このクラスは朝一番の時間帯にあるので、このクラスに参加すると一日を爽やかに過ごすことができる気がします。

カルドを勧める理由
たった一度の体験でも快眠を実感!ホットヨガ・カルドを勧める3つの理由

あなたは健康ですか? 夜、ぐっすり眠れていますか? 朝、気持ちよく目覚めていますか? 仕事に集中できていますか? すべてを解決してくれるの方法があります。それがホットヨガです。実際、眠れなかった私が眠 ...

続きを見る

福岡の格安ホットヨガは↓

スポンサーリンク

-サンサルテーションヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.