更年期症状のケアにはホットヨガがお勧め

ヨガと更年期

やさしいヨガ

やさしいヨガ

ヨガは誰でも気軽に楽しめるエクササイズ

投稿日:2017年2月6日 更新日:

「何かスポーツをやってますか?」と聞かれた時に「はい、ヨガをやってます。」と答えています。でも、ふと疑問に思うんですね。ヨガってスポーツ?スポーツではないですよね。じゃ、どういう括りになるのかしらと考えたのですが、エクササイズ(運動)というのが一番ピッタリな気がします。

クラス内容

基本的な呼吸法とポーズをゆっくり丁寧に行い、初心者の方でも安心して参加できるクラス。穏やかな呼吸を大切にしながら心と体を落ち着かせていく。

やさしいヨガのクラスは、参加者が多く大人気です。室温は一番高いHOTで、初心者向け、60分のクラスです。体験レッスンの方や、男性の方も多かった気がします。

レッスンの始めのうちに、下のようなポーズを行いました。これも合蹠(がっせき)のポーズというそうです。合蹠のポーズと言ってもいろいろあるようです。両足裏を合わせて膝を開いたポーズを合蹠という気がします。このポーズは合蹠の前屈とも言われるようです。

両足の足裏をくっつけて、そこを両手で包むように持ちます。できるだけ踵は体に近づけるほうがいいそうですが、出来る範囲で構いません。バービーちゃんは、ちょっと苦手ですね。息を吸って、背筋を伸ばします。息を吐きながら、前へ倒していきます。そしてキープです。出来る方は、おでこを床につけます。このポーズは、股関節周りを緩めることができます。股関節をほぐすと、鼠径(そけい)部のリンパを刺激して老廃物が流れ、浮腫みもとれやすくなるとのこと。だから、股関節を柔軟にするエクササイズは、下半身のダイエットに効果的だそうです。

合蹠の前屈

出典:Yoga Share

合蹠の前屈

最後のシャバーサナ(寝るだけのポーズ)の前にも、もう一つの合蹠のポーズを行いました。両足裏をくっつけて、両手を万歳の形の合蹠のポーズです。
「腕は伸ばせる人だけでいいですよ。」ということでしたが、私は伸ばしたほうが脇が良く伸ばせて気持ちがいいので万歳でポーズしました。デトックスヨガでも、この合蹠のポーズはよく行います。寝る前の5分間 このポーズを行うと、ぐっすり眠れるというお話を聞きました。実践しているのですが、確かに気持ち良く眠りにつくことができます。ぜひ、お試しください。

がっせきのポーズ

Adsense300

スポンサーリンク

ヨガは、無理なポーズはしなくていいこと、気持ちよく伸ばせる範囲でストップしていいのです。腰を悪くしている方は、「両手をお尻の下に置いてください。」とも言われます。安楽座のポーズが辛い人は、片足を少し前に出してリラックスできるポーズでいいのです。急激に体を動かしたり、飛んだり跳ねたりすることはありません。だから、怪我をすることもありませんし、私のように五十肩の場合でも始められるのです。また、ダンスのように周りに合わせることもしなくていいのです。ズバリ、ヨガは高齢者の方でも気軽に始められるエクサイズなんですね。

スポンサーリンク

-やさしいヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.