更年期症状のケアにはホットヨガがお勧め

ヨガと更年期

やさしいヨガ

内臓器官の活性化には「ねじりのポーズ」が効果的

投稿日:2017年3月6日 更新日:

歳をとると、内臓も弱くなってしまうようです。胃が痛いとか、お通じが悪いとか、吐き気がするなど、なかなか毎日、快適とはいきません。その原因は、内臓の動きが悪くなっているからだそうです。内臓機能も老化が始まっているのでしょうね。脂っこいものを食べると、下痢をしたりすることもあります。若い時は、どうもなかったのにと思うことがしばしばあります。年齢とともに、内臓も少しずつ弱っていくようです。ヨガなら、内臓機能を向上させることができます。

クラス内容

基本的な呼吸法とポーズをゆっくり丁寧に行い、初心者の方でも安心して参加できるクラス。穏やかな呼吸を大切にしながら心と体を落ち着かせていく。

CALDO中洲のやさしいヨガは、室温は一番高いHOT、初心者向け、60分のクラスです。

初心者向けのクラスのせいか、毎回 参加者が多いです。もちろん、男性の方も参加されています。ゆっくり、一つ一つのポーズを丁寧に行っていくクラスなので、参加しやすいのかもしれませんね。

ヨガのポーズの中でも、特にねじりのポーズは、内臓を活性化させるには効果的だそうです。やさしいヨガで行った2つのねじりのポーズを紹介します。
下のポーズは、半分の魚の王のポーズと呼ばれるようです。曲げた足の裏は、床にぴったりつくようにします。お尻へ回した手は、できるだけ体の真後ろへ置きます。
このポーズの時の呼吸法です。ヨガは鼻呼吸です。鼻で息を吸うときに、背筋を伸ばします。鼻から息を吐きながら、ねじりを徐々に深めていきます。最後は、真後ろの壁などを見るようにします。ただ、これも出来る範囲ですね。自分が気持ちいいと感じるところまでです。

半分の魚の王のポーズ

出典:Yoga Share

半分の魚の王のポーズ

膝に置いている片手は、今日のレッスンでは膝に置いたままでしたが、クラスによっては下の画像のように膝の外に肘をかけて、肘にかけた片手を上へ伸ばしたポーズをすることもあります。

半分の魚の王のポーズ

出典:Yoga Share

また、レッスンの終盤によく行うポーズですが、仰向けに寝て両手を肩の高さで左右に広げます。手の平は床です。両膝を曲げて一度立てます。その後 両足を右、または左に倒します。そのままキープします。顔は倒した足と反対の方向へ向けます。このポーズは、腹部のねじりのポーズと呼ばれるものです。このポーズも就寝前に行うといいかもしれませんね。他のクラスでも、よく行うポーズです。

腹部のねじりのポーズ

出典:Yoga Share

腹部のねじりのポーズ

不調が続くと鬱屈してしまいますが、そういう時はやっぱりホットヨガです。汗を流すと、本当にスッキリします。
歳を重ねると、体のあちこちが弱ってきます。内臓も弱って、美味しいものを美味しく食べられなくなったら悲しいですね。ヨガなら、動作が鈍くなった人でも、簡単に始めることができます。体験してみると、案外 簡単だったと思われる方は多いようです。いつまでも健康でいたいなら、健康になりたいなら、ヨガを始めてみませんか?

スポンサーリンク

-やさしいヨガ

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.