更年期症状のケアにはヨガがお勧め

ヨガと更年期

更年期治療

更年期障害の治療

更年期障害の治療は卒業へ向かって進行中

投稿日:2017年9月12日 更新日:

更年期障害の治療は、継続中です。変わったことは、ヨガレッスンがホットヨガから常温ヨガへ変わりました。きっかけは、不整脈を起こしたことです。

ホットヨガから常温ヨガへ
ホットヨガから常温ヨガへ変えた理由

今月8月末でカルド(CALDO)中洲を退会することにしました。すでに手続 ...

続きを見る

この記事は、以下の治療記に続くものです。

更年期治療の継続
更年期治療もヨガも楽しく前向きに継続中

しばらくは、更年期治療を継続していくつもりです。もう、途中で勝手に止めた ...

続きを見る

---2017/08/22---受診

子宮頸部の円錐切除術を受けた後の初めての子宮がん検診を受けました。

LEEPによる子宮頸部円錐切除術
LEEPによる子宮頸部円錐切除術を受けた。術後大出血したが検査結果はOKだった!

子宮がんの検査で「精密検査要」との診断を受け、その後の検査でLEEPによ ...

続きを見る

もし、検査結果に異常があれば、電話連絡しますとのこと。問題がなければ、次回の受診のときに説明してくださるとのことでした。

処方薬は、前回と同じです。一番お薬が多かった時に比べると、ラシックス(利尿剤)や胃薬が減ったわけですが、体調は悪くはないです。プラセンタ注射は、受診のたびに一本お願いしています。

顔のシミ

そして、今回は、顔のシミが気になっていたので、先生に聞いてみました。
気になるというのも、顔の左上に親指大のシミが昔からあったのですが、最近はそのシミの中心部が膨らんできたのです。シミぐらいお化粧で隠せばいいと思っていたのですが、お化粧しても最近はシミの中心がポッコリして見えるようになりました。

「思い当たることはありますか?」と問われました。会社勤めをしていた頃は、毎朝お化粧をしていたのですが、退職して自宅で仕事をするようになってからは、お化粧もほとんどしなくなりました。日焼け止めを塗ることもなく、外出していました。

このことを先生に話すと、「お化粧はしなくてもいいから、日焼け止めはしたほうがいいですよ。」と。そして、顔のシミの中心部を触診されました。

「確かに膨らんでるね。めったなことはないけど、悪いものではないかを念のために検査したほうがいい。治療を間違えると良くないのでね。」と言われ、近くの美容形成外科への紹介状を書いていただきました。

このクリニックからいただく紹介状は、もう3つ目です。子宮頸がん精密検査のための大病院への紹介状不整脈の検査のための循環器科への紹介状、そして、今回はシミの精密検査のための美容形成外科への紹介状です。

シミのレーザー治療
盛り上がったシミ(脂漏性角化症)はレーザーで綺麗になる?私の体験談

更年期障害の治療を受けているクリックからの紹介状を持って、美容形成外科を ...

続きを見る

---2017/09/12---受診

前回の受診から一週間経ってもクリニックから連絡はなかったので、検査で異常はでなかったんだなと思っていたのですが、やはり検査結果を聞くまでは、少しドキドキします。悪い箇所は、切除したわけですから問題ないとは思いながらもです。

結果は、陰性でした。ホッとします。ですが、これまでの経過もあるし、更年期障害のためのホルモン治療もしているので3か月ごとの検査は続けていきましょうとのことでした。

子宮がん検診結果

スポンサーリンク

処方薬も前回どおりでした。ディビゲルは1日1回、一包の半量ずつ塗っているのですが、これをどこかで止めていきましょうと。

顔のシミの件は、美容外科の先生から連絡が入っていました。カルテを見ながら「炭酸ガスレーザーと...ああ、治療したんだね」と。「はい、老人性なんちゃらと診断されて、レーザー治療を受けました。」と伝えたら、「日光性色素斑とも言うからね。」と笑われました。
紹介状をいただいて病院を受診すると、必ずその結果や経過の報告が入っているので私も安心です。病院の先生同士にしか分からないような難しい用語での報告も入っているようです。

今、飲んでいるお薬です。

処方されているお薬

ディビゲル(女性ホルモンを補う薬)

1日1回半量ずつ。
ディビゲル

プロゲストン錠(ホルモンを調整する薬)

朝食後1回
プロゲストン

チラーヂン錠(甲状腺ホルモンを補う薬)

朝食後1回
チラージン

タケキャブ錠(胃酸の分泌を抑える薬)

朝食後1回
タケキャブ錠

プラセンタカプセル(豚)

1日1カプセル
プラセンタカプセル

プラセンタ注射

プラセンタ注射は、いつもお尻にお願いしています。皮下注射なので、腕にすると青くなるんですね。それが嫌でお尻にしてもらってます。ちゃんと左右どちらのお尻に注射したかを記録されていて、看護婦さんに「今日は右のお尻ですね」、「左のお尻ですね」と言われます。立ったまま、下着を少し降ろした状態で注射してもらってます。
注射

---2017/10/24---受診

先生に「最近は、頭痛や吐き気の回数も減ってきました。」とお伝えしたところ、ディビゲル(女性ホルモンを補う薬)1日1回3分の1ずつにすることになりました。ディビゲルは、昨年の3月から1日1回半量ずつ塗っていたのですが、これを減らすことになりました。3分の1って難しいですが、感覚でいいとのことです。

薬局でもらうお薬がだんだん少なくなっていきます。嬉しい限りです♪

---2017/11/14---受信

インフルエンザの予防注射と、プランセンタ注射を受けました。そして、子宮がん検診も受けました。もし、異常が見つかれば一週間後に電話で連絡をくださるそうです。問題がなければ、3週間後の検診のときにお話ししますとのことでした。

お薬は、胃の調子もだんだん良くなってる感じなので、タケキャブ錠から軽いファモチジンD錠10mgに変えることになりました。1日1回です。
ファモチジンD錠

ディビゲル(女性ホルモンを補う薬)は、今 3分の1ずつ塗っていますが、今後は2日に1回などというように減らす方向に行きましょう、とのことでした。今回はまだ、3分の1ずつです。なので7包(3週間分)の処方です。プラセンタカプセルは、前回から求めていません。

薬局での支払額がずいぶん減ったなぁと驚きました。嬉しい限りです♪

スポンサーリンク

おすすめ記事と広告

人気記事

リカちゃん 便利アプリ 1

ヨガのポーズの名前は、日本語も、サンスクリット語もあります。レッスン中に ...

太陽礼拝 2

ヨガ初心者ですが、太陽礼拝だけはどうしても覚えたくて、太陽礼拝の流れを備 ...

-更年期障害の治療

Copyright© ヨガと更年期 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.